実はくびれとは、ダイエットをして痩せるとできるというものではありません。
いわゆる『ボン・キュ・ボン』の美Body方程式が必要なわけです。

過剰な食事制限だけをして贅肉を落としても、胸やお尻のお肉まで落ちてセクシーな身体にはなれません。

では、どうすればいいの?

①身体を冷やさない

まずは身体を冷やさない事。身体が冷えてしまうと基礎代謝が落ち脂肪が燃焼しにくい体質になり、また内臓脂肪がつきやすくなってしまいます。

特に女性は冷え性の人が多いので、冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂らずになるべく温かいものを摂るように心がけましょう。

さらに、ゆっくり湯船につかると発汗作用で老廃物を排出できる上に基礎代謝アップもできます。いつもシャワーだけの人は習慣を変えましょう。

②くびれエクササイズ

腹式呼吸を使ったエクササイズ

姿勢はまっすぐと立ちましょう。お腹を膨らませるように息を吸って行きます。限界まできたら、今度は膨らませたお腹から凹ませるように息をゆっくり吐いていきます。息を吐ききったらそのままの状態で10秒~20秒キープ。この時姿勢はまっすぐのまま、そしてお腹の筋肉を使っている事を意識しましょう。

腰回しエクササイズ

「オチョダイエット」として人気になったこの腰回しエクササイズも、やはりくびれには効果的!肩幅に足をひろげ、腰を∞の記号のように回していきます。この時、お腹とお尻の穴に力を入れてやる事が大事!

ひねり腹筋

仰向けになり両ひざを立てます。両手は頭の後ろで組みましょう。まずは上半身を左にひねりながら左ひざを同時にあげます。ひざと肘が当たったら元の位置に戻りましょう。今度は上半身を右にひねって右ひざをあげます。これを10回×3セットやりましょう。

③ラジオ体操

少し前にもブームになったラジオ体操エクササイズ。誰でも一度はやった事のあるこの体操。実はひとつひとつしっかりとやると身体が引き締まるのです!

くびれに特に効く動きが、上半身を左右にひねる箇所。両足を肩幅にひろげ姿勢はまっすぐ立ちます。頭の先から床までの一本の重心がずれないように意識してお腹に力を入れます。この姿勢をキープしたまま腕と共に上半身を左右にひねります。この時、頭は動かさない事!まっすぐ前を見つめましょう。


その他にも色々とくびれに効くストレッチやエクササイズはあります。

是非自分が続けれる方法を見つけて美くびれをゲットし、思わず彼や旦那様が自慢したくなる女性になっちゃいましょう♥

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

寒い時期の乾燥も怖くない!普段から簡単に出来る乾燥肌対策

乾燥の季節、かゆみやシワの原因にもなる乾燥肌でお悩みの方も多いはず!普段から出来るおススメ乾燥肌対策!

人に言いづらいワキの下の黒ずみの原因と対処法

半そでからチラリと見えるワキの黒ずみって気になりますよね。黒ずみ対策には日頃のケアが大切です。今回は、今日か…

アンチエイジングは30代から!今からできることって!?

アンチエイジングというのは、アラフォー・アラフィフになってからと思っていませんか?30代からやり始める事で、…

関連するキーワード

abhasa Academy

Aloha! アバサアカデミー担当のTsugusaです!
アバサスパは、2001年にワイキキ初のガーデン カバナと共にこのロイヤル ハワイアン ホテル内にオープンしました。このアバサスパが、ご要望にお応えして、ロミロミ マッサージ スクールを開始しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング