「寝る前に食べると太る!」ダイエッターなら常識の考えですよね。
寝る前に食べると消化に悪く、脂肪がつきやすいと言われています。
しかし、寝る前に食べると痩せ体質になる食べ物も存在します。
今回は、夜寝る前に積極的に取り入れたい食べ物を紹介しますね!

はちみつ

脂肪燃焼に欠かせないのが成長ホルモン。この成長ホルモンが最も分泌されるのが睡眠時です。寝る前にはちみつを摂取し、肝臓に適度な糖質を蓄えることで、成長ホルモンが十分に分泌し、脂肪を燃焼しやすくなります。

バナナ

バナナに含まれるアルギニンは、体内に摂取されると「アルギナーゼ」という酵素の働きによって、成長ホルモンを活性化させるオルニチンへと変化します。これにより、体脂肪を燃えやすくする効果が期待でできます。
また、バナナには食物繊維が豊富でお腹の調子を整えてくれるので、便秘対策にも効果的です。

ヨーグルト

ヨーグルトには整腸作用を助ける乳酸菌が含まれています。夜、寝る前にヨーグルトを食べることにより、睡眠中に胃腸の働きを活発にし、体内の毒素や老廃物を排出する準備をしてくれます。
ヨーグルトは朝食のイメージがありますが、翌日のお通じのためにも夜食にもってこいの食品なのです。

納豆

納豆には「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれており、血液をサラサラにする効果があります。
夜寝ている間は、ほとんど筋肉は動かさないため血液が固まりやすい状況です。納豆を摂取することによりナットウキナーゼの作用で血栓を予防してくれる効果があります。
また、納豆は食物繊維が豊富なので、整腸作用を高め、寝ている間に老廃物を除去し、代謝を高めてくれます。お腹の調子も整えてくれるので、便秘改善にも役立ちます。

ホットミルク

寝る前にホットミルクを飲むことで気持ちが落ち着き、「質の良い眠り」を促すことができます。
質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌を盛んにし、脂肪を燃焼したり、お肌をキレイにする効果あります。

まとめ

以上、「寝る前に食べると痩せる食べ物」でした。
これらの食品の効果のカギを握るのは「成長ホルモン」です。
成長ホルモンは、名のおとり子どもが成長するためのホルモンなのですが、大人になってからも睡眠、筋トレなどで分泌させることができます。
成長ホルモンは、疲労を回復、新陳代謝を活発にしてくれる効果があるのでダイエッター女子にとっても大切な役割を持っています。
成長ホルモンは、寝ている時に多く作られているので、寝る前に成長ホルモンの分泌に有効な食品を取り入れ、質の良い眠りをとることで、痩せ効果を発揮することができます。

夜のデザート代わりにはちみつ入りホットミルクなど、試してみてはいかがでしょうか?

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

英国生活から真似る!太らない小技BEST3

今回は、英国生活から見つけた太りづらい食生活のヒントを伝授。ロンドンおなじみの食材を真似して、ダイエットに役…

アラサーになったらアンチエイジング対策は今スグに!これからの「食べ方」をこう変える!

いつまでも美しいお肌・ボディをキープしたいなら、これからの「食事の摂り方」が重要になります。低エネルギーであ…

ダイエッター必見!「お肉」を食べるときに気をつけたいこと4選

ダイエット中でもお肉が食べたい!そんなダイエッター女子必見!今回は、自宅や外食でお肉を食べるときに気をつけた…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング