同棲を考えているカップルは約7割

2人の生活を大きく左右する同棲。
お互い一人暮らし同士の場合は、半同棲状態になっているというカップルも多いのではないでしょうか。
ちなみに、カップルの約7割は同棲について真剣に考えているとか。
しかし同棲をするためには資金はもちろん、環境の変化も伴います。

同棲のメリット

結婚前に相手の生活環境を知ることができる

同棲の大きなメリットのひとつはこちら。
同棲をすることによって生活のほとんどを恋人と過ごすことになります。
今までのデートやお泊りだけでは知ることができなかった彼の一面をたくさん知れるチャンスです。
結婚してから相手の生活環境に対して嫌なことばかり…というトラブルを避けることができます。

経済的に余裕ができる

こちらのポイントはお互いが一人暮らしをしていた場合に限りますが、今まで1人で負担していた家賃や生活費が半分になるということで浮いたお金を結婚資金などの貯金に回すことができます。

家事の分担ができる

家事を分担していくことで2人の仲が深まるのはもちろん、将来的にもどちらか1人だけが家事の負担を背負うということを避けることができます。
相手の思いやりを身近に感じることができるのでおすすめです。

同棲のデメリット

短所が見つかる

同棲を始めると、相手の全てが見えてきます。
もちろんそれは良いことなのですが、短所がたくさん見つかってしまうことで彼に対する気持ちが冷めてしまうケースも。
あまりにも短所が多すぎると、破局の原因にもなってしまうので慎重に決めましょう。

1人の時間が無くなる

狭い部屋で2人で暮らしていくと、どうしても息が詰まってしまいがちです。
また、喧嘩をした時に居場所が無くなってしまうのもデメリットのひとつ。
イライラしている時や落ち込んでいる時にも、相手の顔を見なければならないので我慢強さが必要です。

結婚まで長引く

同棲をしているカップルの中で一番多かった意見がこちら。
同棲をしてしまうことによって、「既に結婚している」ような雰囲気になってしまうとか。
初めのうちはお互い分からなことばかりなので楽しいですが、同棲して2年以上経つと結婚のタイミングがわからなくなってしまうそう。
同棲からスムーズに結婚に結びつけるためには、1年以内に結婚を決めてしまうのが良いそうです。

最後に

いかがでしたか?
今回紹介したように、同棲にはメリットはもちろんデメリットも存在します。
2人だけで同棲を決めてしまうのではなく、お互いの親や周囲と話し合って同棲について考えるように心がけましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

歳の差カップルのメリット・デメリット【vol.1】年下編

今回は、歳の差カップルのメリット・デメリットについて徹底調査いたします。vol.1は【年下彼氏編】です!

恋人候補は身近なところから♡職場&知り合いから恋人を見つける方法

一から恋人を見つけるのはとっても大変!しかし、すでに知っている相手ならハードルも低めですよね。ちょっとずつ、…

【脱!都合のいい女】彼の本音を徹底解剖!女友達から「格上げ」しましょう♡

付き合ってないけど体は許してしまった。都合のいい女扱いされてつらい…、そんなあなたに「彼の本音」を徹底解剖し…