朝のコンディションは、寝る間の美容ケアによって大きく変わります。
翌朝のメイクのノリが良いとテンションも上がりますよね!
そこで今回は、寝る前に実践したい5つの美容ケアをご紹介します。
日中にうけたお肌のトラブルや疲れはその日のうちに癒して、心身ともにリセットして朝を迎えましょう。

◆お肌は保湿が命!

お風呂から上がったら、コットンにたっぷり化粧水を浸してパックをしてから寝るようにしてください。
特に寒い季節は寝ている間に水分が失われて、朝起きると肌が乾燥しがちです。
化粧水パックを毎日するだけで、翌朝のお肌のノリが驚くほど変わりますよ。
また、空気が乾燥しないように加湿器などで外からのケアも行ってくださいね。

◆ゆっくり入浴をする

仕事で疲れて帰ってきて、面倒くさいからシャワーで済ませる、これは一番NGなパターンです。
疲れている時こそ、しっかりお風呂を入れて湯銭に浸かる習慣をつけてください。
デスクワークなどで肩や首がこっている方は、身体を温めることで血流がよくなりコリをほぐしてくれます。
温かいお風呂に浸かり発汗することによって、デトックス効果も得られ、お肌に潤いを与えてくれます。
また、自律神経をコントロールする作用もあるので、神経を落ち着かせスムーズに入眠できますよ。

◆フェイスだけでなくハンドケアも念入りに

せっかく念入りにお化粧しても、手がカサカサではせっかくのメイクも台無しです。
お風呂から出たら、指回りに爪専用のキューティクルオイルを塗って、油分をしっかり補ってあげましょう。
また、ハンドクリームをたっぷり塗って綿の手袋をはめて寝るだけで、翌日の手の潤いがかわりますよ。
“フェイスが終わったらハンド”と、セットでケアをする習慣をつけてくださいね。

◆寝る前5分のストレッチ

入浴後の血行が良い状態で、5分のストレッチを毎日行いましょう。
長くやる必要はなく、たったの5分でも効果はあります。
毎日続けることで、硬かった身体も見違えるように柔らかくなりますよ。
少し身体を動かすことで自律神経を整え、寝つきを良くすることにも期待できます。

◆ヘアオイルでヘアケア

寝る前に少量のヘアオイルを馴染ませて寝るだけで、寝ている間の髪の乾燥を防いでくれます。
起きるとボサボサだという人も、オイルをつけておけば毛先がしっとりし、朝もまとまりやすくなります。
また、髪は洗髪したら、かならず乾かしてから寝るようにしてください。濡れている髪は非常に傷みやすくなっているので、せっかくトリートメントで整えてもキューティクルが剥がれてしまいます。

【まとめ】

いかがでしたか?
以上、寝る前に実践したい簡単美容ケアをご紹介しました。
いつものケアにちょっと手間暇をかけるだけで、翌朝のキレイを実感することができますよ♪
どれもお手軽に実践できるので、ぜひ今日からでも取り入れてみてくださいね。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

女性の大敵!「シミ・くすみ」の原因と今すぐ防ぐケア方法

最近シミが増えた!という方は要注意!これ以上増やさいためにも徹底したケアが大切です。今回はシミやくすみの原因…

そのままじゃヤバイ!毛穴のお手入れどうしてる?

乾燥しているこの季節、ふと鏡を見て自分の毛穴にショックを受けたことはありませんか?? 30代を過ぎると毛穴の…

鼻のポツポツなんとかしたい!鼻に出来る角栓の解消方法

毛穴につまる手強い「角栓」…。毎日クレンジングし、洗顔しても気がつけばブツブツと毛穴に角栓が詰まってしまう、…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング