ココロとカラダはたくさんの刺激を受けてストレスが溜まっているかも。
ストレスと上手に付き合うための3つのコツを紹介します。

ストレスがたまる仕組み

そもそも、ストレスとは何でしょうか。
ずばり、「何か外から刺激を受けて、体に起こる反応」のこと。
「刺激」というのは、精神的につらい刺激だけでなく、楽しいこと、わくわくすることも含めてすべての「刺激」のことを指します。

でも、この刺激をうまく体の反応に変えることができず、
ため込みすぎてしまうことでストレスが溜まっていきます。

ココロにたまったストレスが急にカラダの変化に現れたり、
逆に、カラダにたまったストレスが急にココロに影響を与えることもあるのです。

ストレスへの対処方法

1)ストレスに向き合ってみる

まずは、ストレスに対して過度に反応せずに、「うまく付き合おう」と
意識を変えてみることが大切です。

ストレスの原因になったと思い当たる、仕事のミスや人間関係について、
冷静に見つめなおしてみます。

自らの力でどうすることもできない場合は、考え込みすぎずに
カラダを動かしたりするなどリフレッシュの方法を見つけることも大事です。

2)積極的に休む

とはいっても、自分のチカラではどうしようもできない状況に陥ることもあります。
そんなときは、疲れが溜まってきたなと自分のカラダの声に耳を澄ませて、
休息をとることが大切です。

ずっと仕事に集中しすぎずに、こまめに休憩をり、土日は仕事のことを考えずに
ゆっくり休む。

どうしても回復できない場合は、思い切って平日に有給をとって休むのも
自分のカラダのリズムを整えるためには有効です。

3)友人に思いっきり愚痴を聞いてもらう

自分だけでストレスの対処方法をうまく見つけられない場合は、
積極的にまわりの友人に助けを求めてみましょう。

一人で考え込まず、友人と気軽に愚痴を言い合って笑えれば、
意外とそんなに深刻な事態ではないかもしれない、と気づくかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
ストレスをため込む前に気軽にストレスと付き合う方法を身につけておきたいですね。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

経験された事があるはず!気圧・湿気に左右される体調不良とは?

季節が変わるこの時期に起こる、体調不良の原因をお伝えしたいと思います。

食事・運動・メンタル!30代の『プレ更年期』に負けない生活習慣づくり

30歳を過ぎたあたりからくる身体や心の不調は、女性ホルモンの乱れ、低下が要因の場合があります。 そんな身体の…

『今、流行りのシェアハウスって実際どうなの?』住んでみてわかったメリットとデメリット

シェアハウスって興味があるけど、実際どうなの?と思っている方のために、リアルなシェアハウス事情を聞いてきまし…

関連するキーワード