通勤途中、駅からオフィスまで歩てきたら、オフィスについたときには
うっすら汗をかいて、顔がテカテカだったなんてこと、ありませんか?
室内でちょっとモノを運んだり、少し体を動かすと、ほんのちょっとだけでも
必ず汗をかくもの。

今回は、すぐに汗をかいて顔がテカテカになってしまうあなたに、
肌をサラサラに保つ方法を紹介します。

汗をかくのは新陳代謝がいい証拠!

まず、汗をかくのは新陳代謝がいい証拠なので、自分のカラダは健康で
カラダの中は老廃物がちゃんと排泄されているということに自信を持ちましょう。

肌がテカテカになるのが恥ずかしいからといって、無理にメイクを
厚塗りしてしまっては、肌が呼吸できなくなってしまいます。
せっかく健康的に呼吸している肌にフタをしてしまうのは、
かえって肌トラブルを引き起こす原因になることもあります。

肌のテカりを抑える方法

1)まずはティッシュ、ハンカチでおさえる!

「あ、今すこし汗かいているな…」
と思ったら、デスクにいるときも会議中でも、いつでも気にせず
まずはティッシュやハンカチで肌をやさしく抑えましょう。

ゴシゴシとこすらなければ、メイクがくずれることもない上、
肌がうっすら赤くなってしまうのも防げます。

汗とりシートをそろえておかなくても、ティッシュでおさえるだけで
少しの汗ならきれいに拭えます。

大事なのは、汗をかいたかな?と思ったらとにかくこまめにふき取ってあげること。
ティッシュを持ち歩いていれば、いつでも安心ですね。

2)首元や手首、足首を冷やす

なかなか汗が収まらないときは、カラダをやさしくクールダウンしましょう。
すばやく汗をひきたい場合は、血管の集中する首元や手首、足首を冷やすのが効果的です。

濡らしたハンカチやタオルをあてたり、市販の汗ふきシートなどで
首回りをふいてあげるだけで一気にカラダはクールダウンします。

3)お肌の手入れに濃厚な保湿クリームは避ける

鼻のあたまなど、脂分の多い場所のお手入れには、普段から濃厚な保湿クリームを
使わないでおくことも大切です。
鼻は化粧水だけで、乾燥しやすいおでこや頬にはクリームをぬるなど、
場所によってお手入れを変えてあげるだけで、肌の調子は自然と整っていきます。

とはいっても、季節の変わり目や日々の食生活によっても
肌のコンディションは変わりますので、毎日の肌の調子を見ながら
自分にちょうどいいお手入れ方法を見つけましょう。

まとめ

いかがでしたか?
冬から春への変わり目の季節は特に、急に暖かくなるので
汗による肌のテカりが気になるもの。

日々の肌のお手入れもちょっと意識をするだけで、
サラサラな肌を手に入れる日も近いかもしれません。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

一度できるとなかなかとれない!頑固な『おでこのシワ』のケア方法

できてしまうと気になるおでこのシワ。これがあるだけで見た目年齢もあがり老け顔に見られてしまうことも。できてし…

今年は絶対に焼けたくない!日焼けを正しく防ぐ方法3つ

毎年、夏が来る前に「今年は絶対に焼けたくない!」と思って日焼け止めも準備するのに、夏が終わるとやっぱりうっす…

“デリケートゾーンの黒ずみ”ってみんなどうしてる?黒ずみの原因とその対策方法

デリケートゾーンのお悩みってなかなか人に言えないですよね。まずはなにが原因かを知ることが大切!原因がわかった…

関連するキーワード