夏野菜でダイエットも。

うだるような暑さが続いていますね。梅雨明けも、もう時間の問題です。暑さは食欲を奪っていきます。サラサラっとお茶漬け・ツルツルっと素麺・キーンとかき氷。これだけでは栄養不足になってしまいます。
そこで、夏野菜に注目。夏野菜は、健康・美容・ダイエットに良い食べ物が揃っていますから、女性に嬉しいですね。

夏野菜① ズッキーニ。

夏前からスーパーで見かけるようになる夏野菜ですよね。オリーブオイルやチーズとの相性が良く、パスタやオーブン焼きなど、美味しいお料理が浮かんできます。
ズッキーニにはビタミンCが含まれており、夏バテしたカラダに嬉しい疲労回復効果・強い紫外線などでダメージを受けた肌荒れの修復に効果があります。
また、利尿作用がある為、むくみに悩んでいる方には特にオススメです。

夏野菜② かぼちゃ。

男性にはなぜかあまり人気がないのですが、女性は好きですよね。おかずとしてだけでなく、ケーキやクッキーなどのスイーツやお菓子も美味しいですよね。自然の甘さをしっかりと味わえる食材です。
かぼちゃには、β-カロチン・ビタミンAが含まれており、皮膚粘膜を健康に保つ・老化防止・眼精疲労に効果があります。
美容を手助けしてくれて、パソコンやスマホの使い過ぎで疲れた目を労わってくれるので、幅広い年代に嬉しい夏野菜ですね。

また、食物繊維・鉄分により、便秘解消や貧血改善にも効果が期待できます。

夏野菜③ ナス。

和洋中、どのジャンルでも使いやすい食材なので、夏に限らず、通年食卓に並びやすいお野菜ですね。でも、夏野菜と言うだけあって、ナスの90%以上は水分なんです。ですから、火照ったカラダを冷やしてくれる効果があり、夏に最適という訳です。
栄養という意味では、評価が高いとは言えない野菜なのですが、低カロリーである事から、ダイエット中の方にはオススメです。

栄養価があまり高くないとは言え、鉄・ビタミンなどの栄養素は含まれているので、ダイエット中だけどお米が食べたい!でもあまりたくさん食べられそうにないなと言う時は、お茶漬けのお供にナスのお漬物はいかがでしょうか。

夏野菜④ 枝豆。

夏になると無性に食べたくなりますよね。大豆でもあり野菜でもあり、両方の栄養素を含んでいるので、食べなきゃ損です。
枝豆には、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので、暑さで寝不足続きで、十分な休息が取れないのに仕事は忙しい・・・。そんな疲れてしまったカラダを回復させてくれたり、夏バテ防止の効果があります。

また、美容効果も高く、大豆=イソフラボンのイメージがあると思いますが、そのイソフラボンは爪や髪を良い状態に保ってくれます。夏はネイルを楽しみたいですし、海など外でのレジャーで紫外線のダメージを受けてしまう髪のケアとしても、摂取しておきたいですね。

妊活・妊娠中の方にも枝豆は強い味方です。
妊娠しやすいカラダ作りや胎児に欠かせない栄養素である「葉酸」が含まれています。手軽に摂取できる枝豆でカラダを整えられるのは、女性にとって有り難いですよね。
それに、枝豆はとてもヘルシーなので、小腹がすいた時やおやつとしてナッツを鞄に忍ばせている女性も多いですが、これからの暑い時期、家に居る時の空腹しのぎは、枝豆にされるのも良いかもしれませんね。

夏と言えば、やはりビールですよね。枝豆にはアルコールを分解する為に働いてくれる肝臓を保護する役割があるので、「ビール&枝豆」のコンビは、美味しいだけでなく、健康を考える上でも、とても理にかなっている組み合わせなんです。

女性に嬉しい栄養素をたっぷり摂取できる夏野菜。明日、スーパーへ行かれる際は、意識してお買い物したいですね。
いくら栄養価が高いと言っても、野菜だけではエネルギー不足になってしまいます。炭水化物・お肉・お魚もバランス良く摂取し、そして夏野菜も取り入れて、夏に負けないカラダを作りましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

目指せグルテンフリー!

「グルテンフリーダイエット」という言葉を聞いたことがありますか? グルテンフリーとはグルテンを使わない食事療…

スーパーフード『チアシード』を搾ったチアシードオイル登場!

スーパーフード『チアシード』から搾った、大注目のチアシードオイルをまとめました♪

免疫力アップ!身体を温める【主食・副菜・副菜】の組み合わせ方

免疫力を高めるキーポイントは身体を温めることです。今回は、免疫力アップにつながる主食・主菜・副菜の組み合わせ…

関連するキーワード

奈津 涼子

健康は一番の財産!
でも、チョコレートとアイスクリームが大好き!
女子力・健康美・ココロの美をフォローできる記事を書いていきます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング