お風呂はシャワー浴、もしくは入ったとしても数分でササッとでてしまう人は、あまり入浴でのダイエット効果はありません。
ゆっくりお風呂につかって入浴して代謝を上げれば、徐々にスリムなからだに近づけるはずです。

お風呂に楽しみながら入り、気長にダイエットを継続したいなら、長風呂したくなる空間をつくることが大切です。
今回は、湯船に入る習慣があまりなかった人も、ゆっくりお風呂につかれるバスルームつくりの極意をご紹介します。

バスルームの色で痩せ効果をアップ

色は心身に影響を与える要素のひとつです。
色の刺激が目から脳に届き、食欲を抑えたり、ストレスを解消する効果も期待できます。
ダイエットのためには「水色」や「青」などの寒色系オススメ。
「青」は食欲を抑える作用を持つといわれており、逆に「オレンジ」「赤」などの暖色系は、食欲をアップさせる作用があります。
できるだけ食欲を抑えたい方は、ブルー系のバスアイテムを増やすといいですよ。

また、「紫」は、ダイエット中のイライラを抑える効果があります。
「緑」は心身のバランスを整え、溜まった疲れを癒します。
バスルームに観葉植物を飾るのもよいでしょう。

ダイエットにオススメのアロマオイル

エッセンシャルオイルは、ダイエット中のイライラやストレスを抑え、精神を安定さえる働きがあります。
また、むくみを抑えたり、ダイエットにも効果的。
いつもの湯船にエッセンシャルオイルを数滴加えるだけで、心地よい空間がつくれますよ。

■グレープフルーツ…柑橘系の香りは、むくみ解消や脂肪分解を早める効果も期待できます。

■ローズマリー…からだを温める効果があるので、冷え性や低血圧の人にオススメ!

■サイプレス…森林浴しているような樹木系の香りで、ヒーリング効果があり!

■レモン…爽やかな香りが心もからだもリフレッシュします。血行促進、殺菌作用があり。

ささっとできる「手作り入浴剤」を入れて

湯船に入浴剤を入れるだけで、入浴効果や美肌効果が高まります。
市販の入浴剤もよいけど、オリジナル入浴剤を作ってみるのも入浴を楽しむコツ!

■日本酒風呂
1回200mlほどの日本酒をそのまま湯船に入れて入浴するだけで、からだの芯からぽかぽか温まります。
あまったシャンパンやワインなどのアルコール類でもOKです。

■バスソルト
ミネラルたっぷりの自然塩を入れれば、汗がかきやすくなる上、湯冷めもしにくくなります。
自然塩にレモンやローズマリーなどのエッセンシャルオイルを混ぜれば、香りも楽しめ気分もリフレッシュします。

おわりに

バスルームの環境作りは、入浴剤やアロマテラピー、カラーなどのアイテムが役立ちます。
五感に働きかけて代謝をアップしましょう!
毎日のバスタイムが楽しくなれば、自然と長風呂したい気持ちになり、ダイエットにも役立ちますよ。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

ちょっと小腹が減った時に食べても良い食品とNGな食品

ちょっとお腹が減ったなぁ~という時もヘルシーに食べられる食品と食べてはいけない食品をご紹介!ぜひ参考にしてく…

うどんとそば、ダイエット中におすすめなのはどっち?

みんな大好きうどんとそば。麺類好きが多い中、日本人にとってうどんとそばは定番ですよね。お昼は麺類が多いという…

ヘルシーでカロリーの少ないお菓子をつくる4つのテクニック

今回は、ヘルシーなお菓子を作るために実践したい4つの「カロリーダウンテクニック」をご紹介します!

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング