お風呂は1日の汚れを洗い流すところです。
毎日全身くまなく洗っている方もいることでしょう。
しかし、洗い過ぎは肌の潤いをとりすぎてしまうことがあります。
今回は、正しいボディの洗い方についてご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

よく洗うところとサッと洗うところをメリハリつけて!

ボディソープをたっぷり泡立て、全身ゴシゴシ洗わないと気持ちがわるいという人もいますが、実は石鹸やボディソープで洗わなくてはいけないのは皮脂の多いところだけです。
汗は水でも洗い流せるので、それほどゴシゴシ洗わなくてもよいのです。

人のからだの中で一番皮脂が多いのは頭です。
次に顔、その次に背中と胸です。
皮脂は汗と違って水では洗い流せず、石鹸で落とさなければなりません。
といっても、洗い過ぎはNG!
石鹸を泡立てて泡で優しく洗うようにしましょう。
皮脂の多い人、少ない人など体質の違いや肌の状態、季節によって、洗い方を調整してみてください。

体質によって洗い分ける

全身の皮脂が多い人

頭、背中、胸などは、毎日綿のタオルに石鹸をつけて洗いましょう。
腕や足はタオルを使わず、手で洗ったり、1日おきでもOKです。
足に汗をかきやすい人は、指の間や爪の下もブラシ等でよく洗ってください。

皮脂が少なめの人

毎日石鹸を使うのではなく、お湯で洗い流すだけでもよいでしょう。
皮脂の多い部分は2~3日に1回、石鹸を使って洗ってください。

ボディソープvs石鹸!?

ボディソープによく「保湿成分配合」とかかれていますが、だからといって肌が潤う
ワケではありません。
保湿成分が配合されていても、水溶性のものはすすぎのときに洗い流されてしまい、肌は潤いません。
ボディソープは、ポンプ式で使いやすいのがメリットですが、たくさん出せるため使い過ぎてしまうのが難点。
また、ボディソープは、界面活性剤を多量に使用しており、刺激が強め。
肌への刺激を考えるなら、ボディソープより昔ながらの石鹸の方がオススメです。
“保湿成分配合”とうたうボディソープもありますが、固形石鹸より洗浄成分が多く使われているため、使い過ぎると肌を傷めてしまう可能性もあります。
石鹸はボディソープのような泡が立たないのがデメリットですが、それでも汚れは落ちているのでご心配なく!

おわりに

いかがでしたか?
これまで全身ゴシゴシと洗っていた方は、メリハリ洗いの習慣をつけましょう。
肌の様子を見ながら、自分なりの洗い方で調節してください。
また、洗い上がりは、肌がつっぱらないようボディクリームやオイルでしっかり保湿するのも忘れないでくださいね!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

頑固なムダ毛、日頃の生活で薄くできるってほんと?

女子のみなさん、ムダ毛処理はどうしていますか?だんだん薄着の季節になってくると自分のムダ毛が疎ましく感じてく…

思わず二度見させちゃう♥魅惑の足首の作り方

女性は身体の3つの首を出すと綺麗に見える、という事をご存知でしょうか?? 3つの首とは『首・手首・足首』の事…

ワキガを知って効果的な対策を

だんだん暖かくなってきて汗をかく季節が近づいてきてますが、気になるのがわきのにおいですね。わきのにおいは、汗…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング