現在、ダイエット中という方もいると思いますが、極度にお肉を制限してはいませんか?
お肉=ダイエットの大敵と思われがちですが、良質なたんぱく質はからだを作るための大事な栄養素です。
たんぱく質が筋肉つくり、代謝をUPして痩せやすいからだに。
慢性疲労や貧血、肌荒れを改善し、健康的なボディをつくります。

お肉にはうつ予防効果も!

お肉は吸収率の高い良質なたんぱく質やビタミン類を含むパワーの源です。
たんぱく質を構成するアミノ酸のひとつでもある「フェニルアラニン」には、うつ予防効果もあるといわれています。
最近、気分が沈みがち…という方は野菜だけの偏った食事になっている可能性も。
野菜をとることはもちろん、お肉もしっかりとってバランスのよい食事をこころがけましょう。

3大ミートの栄養

■牛肉

【たんぱく質・ヘム鉄・亜鉛】

筋肉や骨をつくるのに欠かせない必須アミノ酸を含んでいます。
吸収率の高いヘム鉄が、疲労や貧血を改善します。

■豚肉

【たんぱく質・ビタミンB1・ビタミンB2】

肉類の中でもっともビタミンB1を含有しており、牛肉の約8倍、鶏肉の約6倍。
糖質のエネルギー代謝や疲労回復効果があります。

■鶏肉

【たんぱく質・コラーゲン・ビタミンA】

ビタミンAが豊富で、美肌効果が期待できます。
皮や骨のまわりは肌の若々しさを保つコラーゲンが豊富。
牛肉や豚肉に比べて消化がよいのが特徴です。

女性には豚肉がオススメ

豚肉はビタミンB群を多く含み、皮膚や粘膜を健康に維持し、疲労回復にも効果があります。
疲れからくる肌荒れや肌の不調、口内炎などの症状がある人は、積極的に豚肉をとるようにしましょう。
脂身が苦手な人は、ヒレ肉がオススメ。ビタミンB1が多く含まれます。
煮込み料理の場合は、ビタミンB群の栄養が流れてしまうので、煮汁も一緒に食べるようにしましょう。

おわりに

お肉料理は、疲労を回復し、肌のトラブルやうつにも効果を発揮します。
お肉そのものは食べても太りにくいので、ダイエッター女子にもオススメですよ。
お肉を極度に避けるよりも、筋肉をつけてメリハリある美ボディを目指しましょう!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

無理な糖質制限はNG!ごはんを食べたいならお茶碗に軽く1杯、80グラムまでにする!

毎食お米をいっぱい食べてお腹を満たしている人はいませんか? しかし、糖質の摂りすぎは肥満と代謝ダウンの元凶に…

ダイエット効果を上げるバスルームつくりの極意

入浴でのダイエット効果を上げたいなら、長風呂したいと思えるバスルームを作ることです!今回は、理想のバスルーム…

あなたはどのお茶を選びますか?

お茶は水分補給に役立つだけでなく、ダイエットや血液を元気にする効果もあります!今回は、積極的に飲みたいお茶の…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング