前回、お肉のカロリーを抑えて上手に買うコツをご紹介しました。
こちら参照してください↓

今回は、【お魚編】をご紹介します。
魚、魚介も賢くチョイスして、ダイエット食に活かしましょう。

魚はカロリーだけで判断してはダメ!

魚は一般的に、赤身より白身のほうがカロリーは低いです。
しかし、魚に含まれる機能性成分(フィトケミカル)を考えると、赤身のほうに軍配があがることも。
例えば、赤身魚の代表、まぐりは、高たんぱく、高カロリー。
100gで133kcalですが、血液や血管を健康に保つEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富。
EPAやDHAは、脂肪をたっぷり含むお腹部分に多く含まれています。
背中の部分は、お腹部分の17分の1しか含まれていません。
食べる目的によって、食べる部分と量をコントロールすることが大切です。

健康にいい青魚!

いわし、あじ、さんま、さばなど、EPA、DHAを多く含む青魚は、総じてカロリーは高めです。
それはEPA、DHAを含んでいる脂肪分が多いから。
これらの魚を食べる場合は、いつもの半量にしたり、ご飯などを少なめにするなど心がけましょう。

いかは低カロリーで魚よりタウリンが多い

すりめいか、やりいか、もんごういかなど、いかは通年出回る食材で、カロリーが低く、吸収されやすいたんぱく質を含んでいます。
中でもアミノ酸の一種であるタウリンを魚より豊富に含んでいます。
タウリンは血圧やコレステロールに効果的に働くといわれています。

まぐろは、みなみまぐろの赤身が一番ローカロリー

まぐろにはいろいろな種類があります。
きはだまぐろ、びん長まぐろ、くろまぐろ、みなみまぐろ、めじまぐろなどスーパーで、よく目にするまぐろたち。
この中で一番ローカロリーなのが、みなみまぐろの赤身です。
みなみまぐろの赤身の次にカロリーが低いのが、きはだまぐろになります。
基本的に脂ののった部分より赤身の方がカロリーが低いことを頭に入れておくといいでしょう。

子持ちかれいは高カロリー

白身魚の代表格であるかれい。
子持ちかれいは、卵巣部分のカロリーが高くなります。
子持ちししゃもなども同じ。
“子持ち”と名前がついた魚は、ほとんど子持ち部分のカロリーが高くなることを覚えておきましょう。

おわりに

お魚を選ぶ際は、一概にカロリーが低いからといった理由で選ばず、栄養成分も考えてチョイスするといいでしょう。
また、イカやかに、えびなどの魚介類も低カロリーな上、高たんぱくなので、積極的にダイエットメニューに加えるといいですよ!
さばなどの缶詰を買うときは、できるだけ味付けではなく“水煮”のものを選ぶとカロリーを抑えられます。

お肉編はコチラ▼

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

そのままで食べられる!抗酸化作用、冷え改善にもオススメの木の実、ナッツ類

薬膳でおなじみの松の実やくるみ、くり……。また西洋のナッツにもいい成分が。 おやつやお料理に積極的に取り入れ…

強力なデトックスパワー!錆びた体をよみがえらせるたまねぎの力

カレーや炒め物、サラダなど、和洋中問わず、料理に大活躍のたまねぎ。 実は健康効果が抜群なお野菜のひとつなんで…

栄養価の高いスーパーフード「クコの実」!

アンチエイジングや美肌、疲労回復などに効果がある万能フード「クコの実」の栄養価やオススメの食べ方などについて…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング