高野豆腐というと家庭の味定番の煮物。
大豆製品なかでも特にたんぱく質が豊富に含まれている日本製スーパーフードです。
大豆の栄養素が凝縮されているため、カルシウム、マグネシウム、鉄分の摂取にも最適。
今回は、日本の伝統的な食材「高野豆腐」の栄養価についてご紹介します。

高野豆腐のルーツ

高野豆腐は、豆腐をいったん凍らせたあと、解凍、脱水し、乾燥させたものです。
高野豆腐のルーツのひとつは、鎌倉時代の高野山の僧侶によって作られていた精進料理、もうひとつのルーツは信州や東北などで作られていた凍み豆腐といわれています。

高野豆腐の栄養価

高野豆腐は、大豆製品のなかでも、特にからだにいい食べ物。
低糖質で良質なたんぱく質が多く含まれている優秀な食材です。
ほかの大豆製品と比べると、100g中のたんぱく質の量は、納豆が16.5g、木綿豆腐が6.6gですが、高野豆腐は49.4gとずば抜けて多く含まれています。
しかも脂肪を燃焼させやすいアミノ酸が多いのも特徴です。

コレステロールや中性脂肪を低下させるレシチンや大豆サポニン、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンも注目の栄養素です。
更年期の女性にもオススメ。
また、ミネラルも豊富です。
カルシウムは100g中に660g、マグネシウムは120mg、そのほか、カリウム、鉄、リン、亜鉛なども含まれています。
そして、炭水化物は100g中5.7gと、糖質が少ないのも特徴です。

おわりに

高野豆腐は乾物なので、長期保存もでき、最近は水でもどさずに、すぐに調理できる便利なものも売られています。
和風の煮物はもちろん、フライや洋風煮物、スープに入れても◎。
美やアンチエイジングをキープするためにも、キッチンにはぜひ常備しておきたい一品ですね♡

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

心が元気になる!【たんぱく質3:野菜3:炭水化物2】で食べるバランスレシピ

いつもイライラしたり疲れるのは、食生活が要因の可能性が大きいです。心にいい栄養バランスの食事は、心とからだを…

「プレ更年期」に負けない!女性の美と健康をサポートする11大栄養素【パートⅠ】

プレ更年期・更年期をサポートする11代栄養素をご紹介します。 【前半】です。

結局酵素って何がいいの?酵素の効果・効能について

酵素がなんとなくいいというのはご存知だとは思いますが、生命の維持に必要な働きをしているということはあまり知ら…