独特なコリッとした食感と甘い口当たりが魅力のカシューナッツ。
中華料理にもよく使われ、世界中で人気のナッツです。
カシューナッツは美味しいだけでなく、その栄養価は高く、さまざまな効能があるんです。
そんなカシューナッツの栄養や効能、1日の摂取量などについてまとめてみました。

カシューナッツの基礎情報

カシューは中南米などが原産のウルシ科の植物。
カシューはカシューアップルという洋ナシ型の果実の先端にかたい殻のついた、まが玉形の種子をつけます。
その種子の殻を取り除いたのがカシューナッツです。
中南米に進出したポルトガル人によって、世界に広がりました。
カシューアップルも食用されますが、劣化が早いので生産地のみ食べられています。

カシューナッツの栄養価と効能

ナッツの主成分は脂質ですが、ナッツのなかでも脂質の占める割合が少ないのがカシューナッツです。
カシューナッツの脂質は約47%。オメガ9のオレイン酸が多く含まれています。
オリーブオイルの成分として知られるオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、動脈硬化や疾患を予防します。
カシューナッツは、ミネラルの亜鉛、鉄、銅、セレン、モリブデンなども多く含んでいるので、不足しがちなミネラルの補給にもオススメです。
鉄は、貧血の予防、改善に。亜鉛は代謝に関わるミネラルです。
アミノ酸バランスのいいタンパク質、ビタミンではB1、B6、ナイアシン、ビタミンKなども含んでいます。
さらに、食物繊維が豊富なので、便秘の改善にも期待できます。

カシューナッツの1日の摂取量や選び方

カシューナッツは、栄養分が豊富で、美容・健康に効果がバツグンです。
しかし、比較的カロリーが高いので、おやつとして補助的に摂取するといいでしょう。
ナッツの1日の摂取量の目安は、25g程度です。カシューナッツなら、約17粒。
カシューナッツの中には、塩分や油で味付けされたものもあり、摂取しすぎるとニキビの原因にもなります。
美容や健康を目的とするなら、塩や油で味付けされていない無添加のカシューナッツを選ぶようにしましょう。

おわりに

カシューナッツは高たんぱくで高脂質かつ、低糖質なのでおやつに最適。
クリーミーな食感でそのままでもおいしいですし、砕いて料理のトッピングにしたり、野菜やお肉炒めにも。
ただし、食べ過ぎはニキビの原因やカロリーオーバーになりますので、1日の摂取量をしっかり守るようにしましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

肌と体のコンディションを整える!美人栄養素「ビタミン」の種類を教えて!

人間に不可欠といわれている栄養素をまとめて「五代栄養素」といいます。 栄養素とは、炭水化物・脂質・たんぱく質…

食べ物の「陰陽」を知って体を温めよう!陰性食品と陽性食品の見分け方

近年、注目を浴びている「マクロビオティック」でも用いられている「陰」と「陽」。今回は食べ物の陰陽の見分け方と…

海外セレブや日本のモデルさんに大人気!KOMBUCHAの秘密

みなさんは『コンブチャ』って知っていますか?? ミランダ・カーさんなどの海外セレブや、山田優さんなど日本の人…

関連するキーワード