「髪の悩み」と聞くと“男性を対象としたもの”といったイメージがありますが、最近では女性にも髪に悩みをもつ人が増えています。
とくに、30歳をすぎたあたりから、「コシがなくなった」「抜け毛が増えた」「分け目が薄くなっている」などの女性の髪の悩みが急増。
ここでは、そんなアラサー女性が悩む髪の悩みの解決法についてまとめてみました。

ストレス・ホルモンバランスの乱れ・ダイエットが原因

20代後半から40代の女性は、仕事や家事、子育てのストレスに加え、ホルモンバランスの乱れなど、心身の不調を訴える原因はたくさんあります。
その影響が、抜け毛、薄毛などの髪のトラブルを生じさせてしまう可能性はあります。
からだや心が疲れてしまうように、髪も弱ってしまうときもあるのです。
また、ダイエットを試しては失敗する、などを繰り返すと、髪の状態も悪くなります。
健康な髪を保つには、栄養状態をよくすることも重要なポイントとなります。

食事の仕方でツヤツヤ・さらさらを甦らせる

髪の状態がよくない場合の多くは、からだのすみずみまで十分な栄養素が行きわたっていないサインです。
不摂生な食事内容では、髪の毛もスカスカになってしまっています。
いくら高級なトリートメントやヘアケア製品だけに頼っても、本当の改善は難しいでしょう。

食事で髪をケアするポイントのひとつめは、髪の毛をつくる材料になっているたんぱく質をとること。
魚・肉・大豆製品などは、上質なたんぱく質を多く含む食材として必須です。

ほかにも、頭皮に流れている血管を強化する鉄分を多く含む、ヒジキ、ゴマ、のり、わかめ、青菜、赤身肉といった食材も、髪の栄養を補給するのに必要です。

ネバネバ製品はムコ多糖類といい、髪の毛の細胞をつなぐ役目があるといわれています。
髪のコシを強くするために、納豆、オクラ、ヤマイモ、もずくなどを意識してとるといいでしょう。

また、海藻や椎茸などの乾物、貝類といったミネラルを多く含む食材も積極的にとること。
よく、爪が割れやすい人、爪が弱くてなかなか伸びないという人がいますが、爪のケアは髪を美しくすることにも繋がります。
髪や肌、爪もひと続きのもので、すべて大切なからだの一部です。
髪にいいものは、お肌や爪にもいいものだと考えましょう。

おわりに

美しい髪を維持するためには、外側のケアだけなく、内側からのケアもしっかり行うこと。普段、海藻などを食べる機会が少ないという人は、いつものお味噌汁の具材にワカメを加えたり、ごはんを炊くときにヒジキや切り干し大根を加えたりするだけで、不足しがちなミネラルを補うことができます。
ランチでコンビニなどへ行くときも、いつものおにぎりにひじきの煮物などを買い足すといいですよ。
髪のケア、プラス、食事との合わせワザで労わってあげることで、より効果を実感できるでしょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

抜け毛・薄毛・若白髪の原因とは!?増やさないためのセルフケア方法

最近、抜け毛が多くなった、髪にハリ・コシがなくなったという人は髪の老化が始まっているサインかも!その原因と対…

綺麗な人はツヤ髪が鉄則♡美髪は食べ物から!

せっかくの美人でも、髪がパサパサになっていたると、残念な印象になってしまいますよね。 キレイを目指すには、ま…

「ダメージヘア」なんて言わせない?石けんシャンプーの底ヂカラ

冬のダメージヘアには石けんシャンプーがおすすめ!ツヤツヤの髪を手に入れるための正しい洗い方とは?

関連するキーワード