人間の身体は、60~65%が水分でできているといわれていますから水分補給はとても大切なことです。
肌のしわやたるみ、便秘からくる肌荒れなども、水分代謝の滞りが原因の可能性もあります。
今回は、潤いあるお肌をキープするための、正しい水分補給方法についてまとめてみました。

水はこまめに、少しずつ飲む

代謝不良が続くと肌の手触りも悪くなり、いくら化粧水を塗っても浸透しにくくなります。
いつも吸いつくようなもちもち感をキープするためには、身体に一定の水分を保っておく必要があり、補給のタイミングも大切になってきます。
一度にまとめて飲むと、尿としてすぐに排出されてしまうので、できるだけ、こまめに少しずつ飲むようにしましょう。

起きたら「白湯習慣」

オススメは、朝起きたらまずコップ1杯の白湯がオススメ。
人は、睡眠中に500ml分の汗をかくといわれているので、肌はもちろんのこと、口の中や喉、食道や胃腸など、乾燥している全身に水分を補ってあげる必要があります。
新しい1日がスタートするサインを身体に送ってあげるために、起きたらすぐに水分補給をしましょう。
夏なら、常温のお水でもOKです。
身支度を終えたら、朝食の前にも1杯。いつも時間に追われ、焦って朝食を食べている人も、先にコップ1杯の水分をとることでひと息つくことができます。
忙しい朝の時間の中でも、ほんの少しでもゆとりを持つことが、1日のスタートをきる朝には必要です。

外出先は、お手製ドリンクで水分補給

昼間、仕事先や外出先でも水分補給は意識してください。
「水ばかり飲んでいると飽きてしまう」という人は、手作りドリンクを持参するのもいいでしょう。
水の中に、レモンやリンゴなどのフルーツと、ミントやレモングラスといったハーブを入れておくだけでできる簡単「デトックスウォーター」もオススメ。
海外セレブの間でも愛飲されています。
無味な水だと苦手な人も、このフレーバーウォーターなら、ほんのりと感じる甘さと香りがちょうどよく、美味しく飲めてしまいます。
飲むことで天然フルーツのビタミンも吸収できるので、お肌にも◎。

ちょっと肌寒い日は、香りのよいハーブティーをつくって水筒に入れておくといいでしょう。
冬場はとくに意識して水分補給をして、気づいたたら水筒から一口飲むように心がけるといいですよ。
ふと何か食べたくなったときにも、おやつ代わりのようにハーブティーを飲むと、ほんのりとした甘みや、香りで満たされ、間食防止にもなります。

食事の前に1杯のお水を飲んでリラックス

ランチや夕食の前にも、いきなりご飯を食べ始めるのではなく、まずはコップ1杯の水を飲むようにします。
過剰な食欲をセーブすることができ、空っぽの胃を落ち着かせることで、せかせかと食べるときとは違った気持ちでゆったりと食事と向き合うことができます。

いかがでしたか?
水分の飲み方を意識するだけでも、キレイになれるコツはたくさんあります。
美味しく無理なくできるところから始めて、美や健康をサポートしましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

脳イキイキ!幸せホルモン「セロトニン」を増やす方法

ストレスの多い現代社会では、セロトニンが不足しがち。今回は、セロトニンを増やすために有効な方法をご紹介します…

今話題の菌活で健康的な生活を♪

「菌活」という言葉をご存知ですか?「菌活」とは体に良い働きをする菌を食事によってとり入れることです。菌活で善…

もうストレスとはさよなら!幸せホルモン「セロトニン」を増やそう

幸せ物質「セロトニン」をご存知ですか? セロトニンは、体の中にある数々のホルモンの中でも、心身の安定や心の安…

関連するキーワード