私たちは高体温には目配りするものの、低体温には意外と無頓着。
本当に怖いのは、体温が上がることではなく、体温が上がらないことなのです。
大切なのは、正常な体温を維持することにあります。
それは36.5℃から37.0度。この温度帯をキープしてこそ、病気に負けない健康な体を手に入れることができるのです。

理想となる正常な体温とは?

健康な人の平熱は36.5℃から37.0℃。
意外と高温なことに驚くかもしれませんが、だるさやつらさなどの病的症状がなければ、37℃も微熱ではなく健康な体温です。
とはいえ現代人の平熱は36℃前後と低下気味。
これはライフスタイルの変化や運動不足、食生活の乱れによって、体温の調節する機能のバランスが崩れた結果でもあります。
ちなみに体温が下がると健康な細胞の新陳代謝は低下しますが、その一方、35℃でこそ、がん細胞は活性化してしまいます。

体温が1℃上がると免疫力は5~6倍にアップ!

体は体温が1℃下がると免疫力が30%低下するといわれています。
免疫力とは、体を守るために備わっている自己治癒力のこと。
細菌やウイルスなどの外敵から身を守り、体内を監視して、問題が起きたら対処してくれる力を持っています。
ところが体温が低下すると、体を守るどころか、機能の誤作動を引き起こし、病気を招くことにもなりかねません。

驚くべきことに、体温が1℃上がると免疫力は500~600%、すなわち5~6倍もアップします。
体温が上がると、血流が促進されると同時に、体内酵素が活性化!
すると免疫機能を持つ血液中の白血球の能力が高まり、免疫力の精度が格段にアップするというわけです。

アンチエイジング効果、認知症予防にも有効!

体温向上のメリットは健康維持だけではありません。
体温が上がると血行が促され、細胞に必要な酵素や栄養素がスムーズに供給されるだけでなく、体内酵素が活性化して、新陳代謝も活発に。
結果として細胞が若返って肌もキレイになるといったアンチエイジング効果が期待できるんです。
また体温が上がることで脳も活性化されるため、記憶力の低下や認知症予防にも有効です。

低体温の原因はストレス!

なぜ、低体温になるのでしょう?
それは精神的、身体的、環境的など、私たちを取り巻く多くのストレスに起因します。
ストレス状態が過剰に続くと、免疫システムを司る自律神経や、細胞異常を修復するホルモン系のバランスを崩してしまいます。
自律神経がダメージを受けると血流障害が生じて低体温を引き起こし、ホルモンバランスが崩れると細胞自体のエネルギーが低下し、やはり低体温になります。
つまりストレス社会である現代において、低体温を克服する鍵は、ストレスに負けない体づくりにあるといえます。

おわりに

いかがでしたか?
低体温は、がんや認知症、肌荒れ、便秘、冷え性……などさまざまな体の不調を引き起こす要因になります。
体温を上げるには、日々の生活習慣が大切!
ぜひ、以下の記事を参考に、体温アップのコツをつかみましょう!

『急増中の低体温症!病気知らずの体を手に入れるために「体温を上げる3つのポイント」】

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

女性に多く見られる『めまい・耳鳴り』の原因と対処方法!

からだがふわふわしたり、耳鳴りがするのは、心身ともに疲れが溜まっているサインかも!今回は、めまい・耳鳴りのセ…

自律神経を整えよう!毎朝ちょっとの簡単習慣

自律神経を整えることが、キレイの秘訣!なんて言われていますがみなさんご存知ですか?確かに自律神経が乱れてしま…

ビタミンCはこんな人に必要です!気になる症状を今すぐチェック!

ビタミンCが不足すると、疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなります。最近ちょっと不調が続くという人はビタミ…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング