お魚を食べる調理法として、お刺身や煮魚、焼き魚etc…などさまざまな方法がありますが、女性の美容に一番効果的な方法は“お刺身”なんです。
今回は、魚のうれしい効能やオススメのお魚などについてご説明しますね。

お刺身を食べて体の中から美しくなる!

魚油に含まれているDHAやEPA、エゴマ油や亜麻仁油、チアシードに含まれるα-リノレン酸など、私たちの体に必要な必須脂肪酸をオメガ3系の脂肪酸(ω-3)といいます。
魚油のω-3は血流の改善、脳や神経の活発化をします。
また、皮膚のしわ・たるみ予防やメタボ解消など、女性の美容と健康にうれしい効果がたくさんあります。
ただ、ω-3は酸化しやすく熱に弱いため、焼き魚にするととれる量や質が落ちてしまうので、生のまま刺身として食べるのが一番オススメです。

また、魚にはコレステロールを正常にするタウリンやビタミン類、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
日常的に魚を食べて、体の内側からキレイを目指しましょう。

オススメのお魚

女性ホルモンをつくる素【まぐろ】

まぐろやかつおに含まれるビタミンB6は、たんぱく質と脂質の代謝にかかせない栄養素です。
また、女性ホルモンのバランスを整えます。

ヘルシーなダイエット魚【サヨリ】

ビタミンは少なめですが亜鉛が多いため、新陳代謝をあげます。
「高たんぱく・低脂肪・低カロリー」と、ダイエットにとてもピッタリな魚です。

タウリンが魚の2~3倍!【イカ】

タウリンは、血中コレステロールの量を制御する働きがあり血流をよくしてくれます。
また、コラーゲンも豊富に含まれているので、美容食としてもオススメです。

ガリの食べ過ぎに注意!

お寿司屋さんで、ついガリを食べ過ぎていませんか?
しょうがは、ヘルシーでいくら食べても太りにくいと思いがちですが、甘酢には砂糖も使われているので糖質が多く含まれます。
お寿司屋さんにガリがおいてある理由は、しょうがには殺菌作用があり、生魚に発生しやすい細菌による食中毒を予防するためです。
食べ過ぎには注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
お刺身は美味しい上に調理に余分な油も使わないのでヘルシー!
さらにしわやたるみ予防など女性の美容にもいいんです。
ただし、胃腸が弱っているときにお刺身を食べると、消化は悪くないですが食あたりになることも。
また、イカやタコは消化に悪いので注意しましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

今すぐアンチエイジング!「老化を遅らせる」食事の重要なポイント4つ

今回は、老化を遅らせる食事のカスタマイズ術をご紹介します。 しっかり把握し、自分流のアンチエイジング料理を作…

卵は1日何個まで?卵がダイエットに適している理由

卵が栄養豊富なのは知られていますが、コレステロールが高いイメージもあり、何個食べていいのか?疑問に思いますよ…

モデルや海外セレブに多い「ベジタリアン」ってどんなメリットがあるの?

ベジタリアンになって良かったこと5選をまとめてみました☆ベジタリアンに興味のある方はぜひ参考にしてみてくださ…

関連するキーワード