「痩せたい!痩せたい!」と思っているのに、毎度ダイエットに挫折してしまう人には、共通するNG習慣があるようです。
今回は、今度こそダイエットに失敗しないためにも今一度「これはやったらダメ!」なNG習慣をまとめてみました。
自分の行動に当てはまる項目がないか、チェックしてみてくださいね★

NG1:食べ物のストックが多い

スーパーやコンビニへ行くとついついいらないものまで買い込んでしまう人は要注意!
いつも部屋にお菓子・ジュース、インスタント食品が完備されており、見つければ食べてしまう→また買う、の繰り返し。
お菓子が食べたい時にいつでも食べられるのはおデブ習慣の要因です。
ストックはなるべく置かずに、食べたい時にひとつだけお菓子を買う習慣をつけましょう。

NG2:早食い

人は食べ物を食べて血糖値が上昇するまでには、20分はかかるといわれています。
満腹中枢が刺激され「お腹いっぱい!」と感じる前に食べ終えてしまうと、まだ物足りなく感じ、必要以上に食べ過ぎてしまいます。
友だちとご飯を食べに行くといつも一番に食べ終わってしまうという人は、早食いの傾向にあります。
早く食べるよりもゆっくり噛みしめて食べた方が、より満足感を得やすいですよ。

NG3:味付けが濃い

太りやすい人は“濃い味”を好む傾向にあります。
味付けが濃いと、ついつい白ごはんを食べ過ぎてしまったり、お酒も飲んでしまいがち!
また過剰に塩分をとるとそれを薄めるために体内に水分がたまり、むくみやすくなります。
ソースやマヨネーズ、ドレッシングなどは油分が高いのでカロリーも高いです。
日頃から味付けは薄味に慣れるようにして、調味料の使い過ぎに気をつけるようにしましょう。

NG4:「ながら食い」をしている

スマホやテレビを見ながら食事をとっている人も多いでしょうが、ながら食いは食べ過ぎ、間食の要因にもなります。
食べること以外に集中しているとどれだけ食べたのか食事量が把握できませんし、満足感も得にくいです。
食べる時は、スマホを置いてしっかり食事を味わって食べるよう心がけてください。

NG5:ハードルが高すぎる

ダイエットを始める時にハードルを高く掲げすぎると、挫折する確率は高いです。
ボーダーラインはさげて苦しまずにダイエットをした方が、結果長続きすることができます。
過激な食事制限や運動は健康にも良くないですし、ストレスを溜め過ぎてドカ食いの原因にも!
ダイエットはキレイになるために行うワケですから、健康的なライフスタイルを置くことはベースに、無理なく続けていける方法を考えましょう。

NG6:自分へのご褒美が多い

「仕事で頑張ったし!」「今日はいっぱい走ったし!」と何かと理由をつけて自分へのご褒美を作ってしまう人はなかなかダイエットに成功しません。
自分へのご褒美が洋服や靴なら良いのですが、今日はスイーツ、焼肉など食べ物にしてしまうと、ご褒美が積もり積もっていつの間に体重オーバーに!
どうせ買うなら痩せたら着られるスリムなスカートを選んだ方がダイエット根性に火をつけてくれますよ!
自分を甘やかさず、ご褒美のスイーツは卒業しましょう。

いかがでしたか?
当てはまる項目が多かった人は、今一度ライフスタイルを見直すチャンスです。
ダイエットに毎回挫折してしまう!という人は、ハードルを高く掲げすぎず、まずはできることからコツコツ改善していくことが大切ですよ。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

これだけは実践したい朝・昼・晩のベーシック食事法。

毎日の食事のとり方をちょっと気をつけるだけで、おデブ道を回避することができます。今回は、朝・昼・晩の食事のダ…

ちょっと小腹が減った時に食べても良い食品とNGな食品

ちょっとお腹が減ったなぁ~という時もヘルシーに食べられる食品と食べてはいけない食品をご紹介!ぜひ参考にしてく…

もう、酒太りにおびえない!お酒好き女子に送る「太らない飲み方」

今回は、料理選びから外飲み、家飲みまで活用できるできる太らないワザを集めてみました。

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング