美容オイルの役割って?

オイルは美容液として使えるだけではなく、マッサージやメイク直しに使えるとても素晴らしいコスメです。普段のスキンケアで化粧水だけをつけていては保湿が十分ではありません。

肌は角質細胞というものでできているのですが、その隙間をうめる細胞間脂質がもろいと保湿をしてもすぐに水分は蒸発してしまいます。そこで油分と相性がいい細胞間脂質に美容オイルを与えると隅々にまでオイルがなじみ、細胞に潤いを与えます。そのおかげで肌の状態を良く保つことができるのです。

また、オイルには細胞間脂質の乱れをおさえる効果もあるというのをご存じですか?
オイリー肌の人も余分な皮脂の分泌をおさえることができ、肌質が改善されるということもあるのです!オイルのパワーってすごいですね!

オイルは化粧水のあとにつけてもいいし、手入れの最後につけても効果抜群です!

どんな種類のオイルがあるの?

美容オイルにはホホバオイル、アルガンオイル、椿オイル、マカダミアナッツオイルなどがあります。たいていのオイルは植物の実からとれます。植物もいろいろあるので植物によってオイルの性質は違ってきます。それぞれのオイルを比べてみましょう。

≪ホホバオイル≫

この中にはワックスエステルという成分が含まれていて肌の角質層にも含まれている成分なのでなじみがよいです。さらっとしていてマッサージをする時にも使えます。

≪アルガンオイル≫

これはホホバオイルよりも少し重めでビタミンEが含まれておりビタミンEは体の酸化作用から守ることができるのでしわやシミのできにくい若々しい肌を作ることができます。

≪椿オイル≫

日本でも古くから親しまれていて酸化しにくいオレイン酸を含んでいるので肌だけではなく髪にも使うことができるオイルです。

≪マカダミアナッツオイル≫

肌への浸透率が高くしっとりとなじみやすいのが特徴です。老化防止をサポートする成分を多く含むのでエイジングケアにいいでしょう。

美容オイルにはこのほかにもブレンドしたものや動物性オイルなど沢山あるので肌の悩みに合わせて選ぶ、好きな香りで選ぶなど色々な楽しみ方があります。

オイルはどう使えばいいの?

この素晴らしいオイル、化粧水のあとの美容液代わりに使ってもいいですが、毎日の手入れの最後に使ってもいいのです。

スキンケアの最後に使う時は1、2滴のオイルを塗るだけで肌にバリアが張られた状態になります。もともとオイルですから油分があるのは否定できず、オイリー肌の方はますます肌がベタつくのでは?と心配されるかもしれませんが、オイルには過剰な皮脂をおさえる働きがあるので有効です。

オイルだけ塗るのに抵抗がある場合は化粧水や乳液に混ぜる使い方もあります。リキッドファンデーションと混ぜるとメイクの持ちがよくなりますし、化粧直しに使うミストに混ぜるとお化粧のノリがよくなります。

オイルによって肌が柔らかくなるので化粧水の前に使うと化粧水や美容液の浸透がよくなります。肌だけでなく髪にも使えるので是非オイルを一本持っておくことをお勧めします!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

お肌が蘇る!?ヒト幹細胞のエイジングケア!

再生医療にも使用されている幹細胞。 この幹細胞によって作られた化粧品、「幹細胞コスメ」がスゴイと話題になって…

気になる二重あご、解消する方法はある?

顔は加齢と共にたるんできますが、顔に脂肪がつくことであごが二重あごになっていくこともあります。自分では見えて…

若々しいお肌にはたんぱく質が必須!

最近、どんなコスメを使っても肌の調子がイマイチ…。 もしかして、たんぱく質不足が原因かも! 今回は、たんぱく…