毎年、暑い夏が来る前に「今年は絶対に焼けたくない!」と高い日焼け止めも買って準備万端なはずなのに、やっぱり夏が終わるころには肌がうっすらこんがり焼けている…。
そんな経験はありませんか?

そんな日焼けに悩める女子たちに、絶対に日焼けしないためのコツを紹介します。

1)日焼け止めを正しく塗る

意外と知られていないのが、日焼け止めの正しい塗り方。
日焼け止めを正しく塗らないと、実は全く効果がないってご存知でしたか?

間違えがちなのが、日焼け止めを手のひらに出してから塗る方法。
この塗り方だと、塗り始めた一カ所にクリームが集中してしまって、
肌にまんべんなくぬることができません。

塗った後の見た目にはわかりませんが、実はムラが多くて
場所によっては全然日焼け止めクリームがのっていない、なんてことも。
こんなことのないように、日焼け止めクリームは塗りたい場所に直接
線を引くように出してから伸ばしていくようにしましょう。

2)室内でも日焼け止めを塗っておく

屋外だけでなく、室内にも紫外線は入ってきます。
「部屋の中でも日焼け止めを塗る必要なんてあるの?」と思われがちですが、
特に5~9月にかけての紫外線が多くふりそそぐ時期には室内でも日焼け対策が必要です。

屋外で使うよりは度数の低いものでも構いませんが、しみやそばかすが気になる箇所には塗っておいたほうが無難です。
日焼け止めを塗るのが面倒であれば、レースのカーテンだけでも閉めておきましょう。

3)海で焼けちゃった!まずは冷やしてクールダウン

とはいっても、海に行ったりアウトドアに出かけると、多少の日焼けは避けられません。
どうしても焼けてしまった場合は、その後の処理を適切に行うことで日焼けの悪化を止めることができます。

「焼けちゃった!」という場合は、あせらず肌を冷やしてあげましょう。
日焼けとは、肌がやけどしているということ。
肌が熱を持っていれば、そのままやけどはどんどん肌の内部へと進行していきますので、まずは濡れタオルや保冷材を包んだタオルなどで肌を冷やします。

焼けてしまったとしても、正しく処置をしてあげるだけで、日焼けの進行を遅らせることができますので、ぜひ試してみてください。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

ニキビ・しみ・かゆみ…ストレスによる肌トラブルは「こころのケア」で改善!

ニキビやシミやじんましんなどは、精神的ストレスが原因の場合も多いです。そんなときは、しっかりこころの調子を整…

ナチュラルコスメで女子力アップ!アロマを使った手作りコスメキットの作り方

ナチュラルコスメで美しく♪アロマの香りに癒されながら楽しく作るコスメの材料・作り方をご紹介します。

ほうれい線は消せる!?ほうれい線の原因とエクササイズ。

ほうれい線が目立つと実際の年齢より老けて見えてしまったり、ファンデーションを塗ってもほうれい線のシワが逆に目…

関連するキーワード