すぐにイライラしたり、疲れやすいと感じたら食生活をまず見直すのが早道!
砂糖のとりすぎ、たんぱく質不足は、からだだけでなく、心の栄養不足の原因にもなります。
それが悪化すると心の病気に発展する可能性も……。
今回は、心もからだも元気になるバランスレシピをご紹介します。

イライラ・うつうつ気分は食生活が原因かも!CHECK!

□朝食はスキップすることが多い
□朝は菓子パンや甘いモノですませることが多い
□チョコや飴、グミを持ち歩いている
□缶コーヒーやジュースをよく飲む
□イライラすると甘いモノが無性に欲しくなる
□ダイエット中でお肉やお魚を食べない
□1日1食以上、外食やコンビニになる
□食事時間が不規則

上記の項目に当てはまるものがあったら食生活を見直す必要があります。

イライラは砂糖のとりすぎ、うつうつ気分はたんぱく質?

砂糖などを過剰に摂取し血糖値を上げると、インスリンが分泌され血糖値を下げようとします。それが続くと、インスリンの分泌の調節がうまくいかなくなり、急激に低下。
すると、イライラしたり、手足のしびれが起こるようになります。
イライラすると甘いモノに手を出す、血糖値が下がるとイライラする、まさに悪循環に。

また、最近では間違ったダイエットでお肉やお魚を極端に避ける女性が増えています。
たんぱく質不足でこころのバランスが崩れることも。
良質なたんぱく質をとらないと、代謝が落ち、からだも脳も疲労がとれなくなります。

心とからだが元気になるバランスとは

【たんぱく質のおかず3:野菜・海藻類3:主食の炭水化物2】

◆たんぱく質

1日4単位のたんぱく質が目安。1単位は80kcal。
卵1個、納豆大1パック、赤身肉60~80g、魚1切れ、豆腐なら100gに相当する。
朝は卵、昼は肉、夜は魚にして、どこかで豆腐をプラスすればOK。

◆野菜・海藻類など

たんぱく質以上にとりたいのが、野菜やキノコ類、海藻類など。
1日分の目安は両手いっぱい。不足がちなビタミンやミネラルを積極的に摂取しましょう。

◆炭水化物

白米や白パンは血糖値を上げやいため、玄米や全粒粉などがオススメ。
ご飯は茶碗2/3杯。食パンなら6枚切り1枚、麺は2/3玉ぐらいと控えめに。

まとめ

■糖質は砂糖でとらず、炭水化物でとる
■甘い飲み物、間食は極力避ける
■1日、たんぱく質は、動物性、植物性のものをバランスよく
■不足しがちな栄養素は野菜や海草で
■たんぱく質と野菜を先に食べて、炭水化物は最後に少なめに

おにぎりだけのランチならサラダやゆで卵をプラス、パスタにはハムサラダや卵と温野菜を加え、麺ばかりにならないように。
1日3食、3つのバランスをチェックしながら、心とからだにいい食事を心がけましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

安心してください。痩せてますよ!ダイエット中でも食べられるおやつ

ダイエット中は空腹との闘いです。特に甘いものはダイエットの敵と思って摂取しないことが多いのではないでしょうか…

年中風邪知らずの体を目指す!秘訣は免疫力を育てる『食事のとり方』にあり

「すぐ風邪を引いてしまう」…そんな人は免疫力の低下が原因かもしれません。今からでもすぐに取り組める免疫力アッ…

アンチエイジングの基本はビタミンE!サビないからだをつくる6アイテム

いつまでも美と健康を保つならビタミンEは欠かせません!今回は、毎日とりたいビタミンEアイテムをご紹介します。

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング