タバタ式トレーニングってなに?

立命館国士大学スポーツ健康学部の田畑泉教授が発案したトレーニング方法でタバタプロトコルとも呼ばれており、有酸素運動だけではなく、筋肉をしっかり使うことで有酸素運動と無酸素運動両方の効果が得られるお得なトレーニングです。
「20秒運動をして、10秒休む」を1セットとし、8セット(4分間)を行うトレーニング方法です。
運動はランニング・スクワット・腹筋・腕立てなど何でも大丈夫。時間だけしっかり守って行えば、持久力を高められ、長時間トレーニングをした時と同じ脂肪燃焼効果が得られるのです。

タバタ式トレーニングのやり方

トレーニングを行うには準備するものなどはなく、4分間の時間とやる気だけ!
ややキツめの運動を20秒やる→10秒休むを繰り返し8セット行い、合計4分間トレーニングするだけです。この運動だけで1時間自転車をこいだのと同じくらいの効果が得られます。
例えば20秒スクワットをやって、10秒休むと聞くと簡単そうに聞こえますが、いざやってみると、時間とともに身体がきつくなりヘトヘトになります。ですが、高いお金を払ってジムに行き1~2時間運動をするよりも、自宅でたった4分間全力で運動して同じ効果が得られるほうがいいと思いませんか。
そしてタバタ式トレーニングは毎日行う必要がありません。逆に毎日トレーニングしてしまうと身体に負担がかかってしまうので、1日4分を週2~3日行い、約3週間程続けましょう。

タバタ式タイマーを活用

タバタ式トレーニングは20秒運動、10秒休憩というように秒刻みで運動と休憩を繰り返します。そのため、タイムウォッチなどではトレーニングを行う時に使いづらいのでは…。自動で秒数をカウントしてくれる無料アプリがiPhoneやAndroidであります。ぜひ、お試しください。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

お家で簡単!ちょこっとストレッチ。vol.③

ちょこれっち第三弾。今回は立ったままできるストレッチをご紹介します。

お家でちょこっとストレッチ vol.②

「ちょこれっち」第二弾! 今回は、筋力アップが期待できるストレッチをご紹介します。

お家でちょこっとストレッチ vol.①

体を動かす時間がない!体力がない!そんな方へ・・・。ご自宅でほんの数分だけ体をほぐしてあげませんか?無理なく…