ビタミンは食べものから摂取しましょう!

ビタミンは、三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)の代謝を助けたり、体の機能を正常に働かせるために必要な栄誉素です。
サプリメントでとり入れている方もいますが、ほかの栄養素も含まれている食品からとるのがおすすめです。
ビタミンは脂質に溶ける「脂溶性ビタミン」と水に溶ける「水溶性ビタミン」があります。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは、免疫機能を高めるビタミンA、カルシウムの吸収を促すビタミンDのほか、ビタミンE、ビタミンKと4種類です。
油と一緒にとると吸収がよいのですが、サプリメントでとっている方は体内に蓄積されるので注意しましょう。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンには、糖代謝をスムーズにするビタミンB1、健康的な皮膚や爪をつくるビタミンB2のほか、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンCの9種類があります。
とりすぎても、尿として排泄されるので蓄積はされません。
ビタミンのほとんどは体内で合成されないので、食事からコンスタントにとるようにしましょう。

お悩み別!美容に効くビタミン

【乾燥肌】…ビタミンA+ビタミンE
乾燥を守りつつ血行が促され、うるおいが増します。

【ダイエット】…ビタミンE+ビタミンB群
エネルギーに変わる代謝を促進させ、脂肪燃焼効果が期待できます。

【肌荒れ】…ビタミンC+ビタミンB群
コラーゲンの生成を助け、新しい細胞の成長を促すため、肌がきれいになります。

おすすめ!「ビタミン」美容食材

緑黄色野菜や果物はビタミンの宝庫。
抗酸化作用もばつぐんなので、積極的に摂取しましょう。

いちご(ビタミンC62mg/100gあたり)

ビタミンCが多く、5~6粒で1日の摂取量を満たします。
肌のハリを促し、シミ、そばかすの原因のメラニンの生成を防ぐ効果があります。

ほうれん草(ビタミンE2.3mg/100gあたり)

カロテノイドの一種「β-カロテン」を豊富に含み、ビタミンCやE、葉酸なども多いです。
また、女性に不可欠な鉄分も多く含んでいます。

おわりに

ビタミンは肌だけでなく体のコンディションも整えてくれます。
水溶性は、長時間体の中に留まることができないので、1日の数回分けて摂取すること。
脂溶性ビタミンは、油に溶けるので油脂と一緒に摂取することで吸収率を高めることができます。
脂溶性ビタミンは、体内に蓄積されるので過剰摂取に注意しましょう。
それぞれのビタミンの特徴や摂取の仕方を知って、生活の中にぜひ取り入れてみてくださいね!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

年中風邪知らずの体を目指す!秘訣は免疫力を育てる『食事のとり方』にあり

「すぐ風邪を引いてしまう」…そんな人は免疫力の低下が原因かもしれません。今からでもすぐに取り組める免疫力アッ…

玄米・ライ麦パン・そばetc…主食はGI値の低いものをチョイス!

みなさんは「GI(ジーアイ)値」という言葉を聞いたことがありますか? 耳にしたことはあるけど、実際何なのかご…

食後の睡魔を防ぐ!眠くならないランチの食べ方

ランチを食べるといつもウトウトしてしまう…そんな方必見!今回は食後に眠くならないご飯の食べ方をご紹介します。…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング