【肌】紫外線やストレスなど、肌の大敵には抗酸化ビタミンとたんぱく質!

シミ、シワ、くすみ……。
これらの肌の老化の原因といえば、紫外線とストレスによる細胞の酸化。
さらに内臓の疲れも肌の老化に直結しています。
ケアのためには、ビタミンA、C、Eなどの抗酸化ビタミンは必須。
それと共に肌を作るたんぱく質の補給も必須です。

主な栄養素

たんぱく質・コラーゲン・ビタミンA、B2、C、E、亜鉛

代表的な食材

トマト・かぼちゃ・パプリカ・クレソン・ブロッコリー・大根・たんぱく質食材

【体力】疲れが抜けないときはビタミンB群!

アンチエイジングには軽い運動も欠かせないですが、うまく疲労回復できなければ運動の習慣は身につきません。
疲労を回復させる栄養の代表格は、ビタミンB1。
豚肉に多いことが知られており、含有量は牛肉の約10倍。
ビタミンB1は、ブドウ糖をエネルギーに変える時に必要なビタミン。
不足するとブドウ糖はエネルギーになれず、体脂肪を増やしたり疲労感が増すことに。

主な栄養素

炭水化物・ビタミンB群・マグネシウム・アリシン

代表的な食材

玄米・じゃがいも・にら・玉ねぎ・にんにく・アスパラ・ブロッコリー

【ストレス】身体を錆びつかせるストレスには、抗酸化ビタミン・カルシウム!

紫外線と同様に、ストレスも体内に活性酸素を発生させ、全身の細胞の酸化を促し、老化の大きな原因となります。
とはいえストレスを避けて暮らすことは難しいですよね。
ここは抗酸化ビタミンで対抗。おなじみのビタミンA、C、Eです。
さらに、カルシウムも補うと◎。
カルシウムは神経の情報伝達をスムーズにする物質で、普段は骨に貯蔵され、体がストレスを感じると調達されます。
そのような時はカルシウムを多めに摂って、骨を老化から守りましょう。

主な栄養素

カルシウム・ビタミンA、C、E

代表的な食材

トマト・キャベツ・乳製品・パプリカ・ブロッコリー・小松菜

【体型】血糖値を上げずにゆっくり燃えるエネルギーを!

まず初めに主食を見直してみましょう。
精白米や白いパンなど、加工された穀類は、一気にエネルギーを作り出し、使い切ってしまう性質があります。
つまりお腹が空きやすいというわけです。
年齢と共に代謝が落ちているのに、このままでは危険。発芽玄米や玄米パンなどを取り入れてみてください。
これらの食品はエネルギーをゆっくり使う性質があり、満腹感も持続します。
エネルギー源になるものは炭水化物だけではないので、たんぱく質や野菜もたっぷり摂りましょう。
炭水化物で満腹にするよりも、抗酸化ビタミンや食物繊維をバランス良く腹八分目を目指すのが◎。

主な栄養素

たんぱく質・食物繊維

代表的な食材

たんぱく質食品・海藻類・きのこ類

以上、アンチエイジングに効く食べ物【パートⅠ】でした!
引き続き、【パートⅡ】は、免疫力や睡眠、血液など……症状別にご紹介します。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

わたしもプレ更年期障害!?症状をラクにするアドバイス

最近メディアでもとりあげられている「プレ更年期」。まだ自分は大丈夫と思っていても、若いうちから不調をうったえ…

「むくみ女子」にならないために塩分を控える5つのコツ

日頃からむくみやすいという方は塩分のとり過ぎが原因かもしれません!今回は、塩分を控える5つの方法をご紹介。ぜ…

今から計画しておきたい。結婚式トップシーズンへ向けた参列準備。

ジューンブライドに憧れて6月に結婚式を挙げられる方は今もたくさんいらっしゃいますが、結婚式のトップシーズンは…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング